Web 詩集 : 身体について幾つかのこと。

 

 

【詩:身体。 】

身体、カラカラと、空っぽ。

だから、カラカラと、空回り。


身体、ダラダラと、だらしなく

だから、ダラダラと、ダンス。

ええじゃないか
永遠じゃないか
ええじゃないか
身体、だから、空回りダンス。

 

 

 

 

【詩:舌】

舐めて、すくって、かき回す

ベローン、ペロリ、ペロペロリ

アイスの蓋まで、ペロペロリ

切れた指先、ペロペロリ

舌は、なんでも、ペロペロリ

ベローン、ペロリ、ペロペロリ。

 

 

 

 


【詩:足の裏】

うらら、うらら、足の裏

うらら、うらら、春うらら

うらら、うらら、足の裏

何より、地面を、知っている

何より、私を、支えてる

うらら、うらら、足の裏

コタツの中で、春うらら

いつも、お尻の下敷きで
時々、ふやけて、皮が向ける

うらら、うらら、足の裏

クリーム塗ったら、喜んだ




【詩:小腸。 】

働き過ぎだ、君の

怠け過ぎだ、僕の

調子良い、あの子の

小腸、グルグルと、さざめく

失敗しては、萎縮して
心配しては、過敏になり
押さえつけられ、回転する

小腸、グルグルと、さざめく

太古から、ずっと
私たちの中で
小腸、グルグルと、さざめく




【詩:膀胱。】

膨らんじゃった、膀胱

絞り出す、恍惚

今日も、生きているのだから
今日も、生きていくのだ
ただ、それだけなのさと

語りかける、膀胱。




【詩;首。】

足の首が、コキコキ。

手の首が、ポキポキ。

重いからかしら
頭をのせた首は、ガキゴキ。

首が、回らない、首が
向いた、傾いた、右に

ガキゴキ、ガガガ。



【詩:曲げる。】

曲げる、まるまるまる、丸くなり

曲げる、うんと、丸まる。

右足で、ケンケン

両足で、開く、大きく

右足で、ケンケン

また、両足で、開く、大きく

開いて、だんだんと、伸びる

曲げる、脊柱を丸くしてゆく

おでこを臍に突き刺しながら

曲げる、曲げながら、伸ばす、引っこ抜いた。





【詩:背中。】


背中、傾いているから

心、傾いているのかな

あなた、ふざけるなと傾いて

肩が、カタカタと傾いた

背中、るるるると丸くなり

心、るるるると丸くならないか

あなた、いいかげんにしろと後向き

肩が、カタカタと、傾き、後向き、傾く

背中、触れたい、背中

なかなか、背中、遠い

穴、穴、あなた、遠い

背中、傾いているから

肩が、傾いてしまった

あなた、背中、傾き、カタカタと

心、傾いているのかな

せ・な・か・こ・こ・ろ・か・ら・だ